医療脱毛の効果とは?

医療脱毛とは?

医療脱毛はエステやサロンで行われる光脱毛と比較して、高出力のレーザー機器で施術を行うものとなります。使用する機器は医療機器に該当し、施術も医療行為となるので、クリニックや皮膚科でのみ行われるものとなります。
照射されるレーザーは毛の黒色色素と反応して熱を発する事で、毛を生やす根幹部である毛乳頭の働きを抑止・停止させる効果を齎します。これにより、減毛や脱毛といった効果が齎される事となります。間隔を置いて一箇所に数回の施術をする事により、ほぼ恒久的な脱毛を実現する事も可能としています。

医療脱毛で期待できる効果

医療脱毛とはクリニックなどの医療機関で行われている脱毛施術のことで、高い効果が得られると評判です。5回程度の少ない施術回数で、十分にムダ毛が目立たない状態にすることができます。
回数が少ないですから、通院期間も短く済みます。エステサロンと比べるとその差は圧倒的ですので、スピーディーに脱毛効果を得たい人におすすめです。その代わりに1回あたりの施術費用が高めで、エステサロンよりも費用が高くなるケースがよくあります。しかし、高い効果を得られるのであれば、決して無駄な費用にはならず、むしろリーズナブルだと判断できます。
エステサロンでは光脱毛が受けられますが、厳密には脱毛ではなく減毛に留まります。医療脱毛では毛の根元から破壊する強力なレーザーを用いた脱毛器で施術が行われるため、永久脱毛を実現可能なのがメリットです。脱毛を完了させた後は時間が経過しても再び毛が生えてくる確率が低く、長くすべすべの状態をキープできます。

医療脱毛がおすすめの人

医療脱毛はあまり時間のない人にこそおすすめです。
脱毛エステだと回数が増えてしまうので、完了までの期間は2年以上になると考えてよいでしょう。
施術回数は12回以上になることもあり、2ヶ月に1回と考えても2年かかります。
医療脱毛だと5~6回で完了できるため、1年でもかなり薄くなるでしょう。
医師のカウンセリングを受けられる、麻酔を使用できる、万が一のときに薬で肌トラブルを解消できる、などのメリットもあります。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛とエステ脱毛を比較したとき、それぞれにメリットとデメリットがあります。
医療脱毛では、施術時に痛みがあることがありますが、脱毛の効果はずっと続く永久脱毛です。一方のエステ脱毛では、金額が比較的安価で、痛みもほとんど感じる人はいませんが、効果は残念ながらずっとは続きません。
どちらにしようか迷っているのであれば、このようなメリットとデメリットから検討すると良いでしょう。医療脱毛では、麻酔を使用することもできるため、痛みを軽減させることは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です